一般家庭に普及

電力は国民の生活に欠かせないものですから、電力分散というのは国家的な重要事項でもあるのです。そういった意味でも太陽光発電は大きな意味合いを持つものです。何しろ太陽光発電は民家にも設置が出来る数少ない電力供給源です。一つの家庭でも多く太陽光発電が設置されればそれだけ電力が分散されることになるのです。そういった家庭が多くなればかなりの電力をまかなえることになるのです。太陽光発電はプラントとして大規模にも発電をすることもできるので、工場などの大電力を消費するところにも使えるといったことも魅力です。今はエネルギー効率であったり蓄電技術といったものに課題もあるのですが、こういったものが解決されれば大きな電力供給方法の一つとなりうるのです。

今後はいかに太陽光発電を一般家庭に普及させるかが課題の一つです。援助金の制度などもあるのですが、まだまだ費用がかかるので太陽光発電の普及は徐々に進んでいるといった状態です。さらなるコストの削減とエネルギー効率のアップ、蓄電技術の開発などを進めて今よりもさらに効率のいい発電方法にしていくことが重要です。この発電方法では騒音や振動を伴わないので、一般家庭でも設置が出来る数少ない発電方法なのです。他の発電方法ではタービンを回して発電をするといったことになることが多いので、タービンを設置したりするのに大きな設備が必要となり、タービンが回ることで大きな音がしたり、振動があったりするのですが、太陽光発電はそれがないのです。